​古橋綾

「道一つ越えたら崖っぷち」翻訳者

社会学・ジェンダー研究。社会学博士(韓国・中央大学校)。東京外国語大学大学院非常勤講師・立教大学兼任講師を経て、岩手大学教育学部社会科教育科准教授。韓国で日本軍「慰安婦」問題解決運動、米軍基地村女性支援運動、反性売買運動などに関わってきた。時代を越えた性暴力・性搾取の問題を研究。主な翻訳書に『記憶で書き直す歴史 「慰安婦」サバイバーの語りを聴く』(韓国挺身隊問題対策協議会2000年女性国際戦犯法廷証言チーム編著、金富子、古橋綾編訳、岩波書店、2020年)、『歴史否定とポスト真実の時代――日韓「合作」の「反日種族主義」現象』(康誠賢著,大月書店,2020年)などがある。

翻訳者近影古橋綾.jpg
崖っぷちカバーイラスト再度(二人目の女性修正).jpg
崖っぷちカバーイラスト再度(二人目の女性修正).jpg

aboutBOOK

1988年、ソウルオリンピックの年から性売買に世界に入った作者による勇気ある告白。