ISBN 9784910276069

定価1980円(本体1800円+税)

著者 キム・ジナ

翻訳者 大島 史子

監修者 李 美淑

解説者 北原 みのり

  • Twitter
  • Instagram

薔薇はいいから議席をくれよ

キム・ジナ著 大島 史子 訳 李 美淑 監修 北原 みのり 解説

2022年5月20日発売

 

2020年、リベラルで知られるソウル知事が、秘書の女性からセクハラ被害を告発された後、自殺をするという事件がありました。

その後のソウル市長選に「女性の党」として出馬したのがキム・ジナさんです。「この選挙は本来、男性が出るべきではない選挙だ」と言い、「女性一人が暮らしやすいソウルへ」を掲げたのです。「女性一人」を主語にし、女性、のための政策に掲げた政党、政治家は、韓国史上で初めてのことだったと言います。

というか・・・日本では?

ジェンダー平等とは言えるけれど、女性の人権を、女性を差別するな! と言ったとたんに叩かれる国。女性だけでなく、全ての差別をなくすことが大切、としつけられるような国で、フェミニストの女性であっても、「わきまえ」「周りを伺うように」発言していくのが現実ではないでしょうか。

そういうんじゃなくて! もう、美しく散ってる場合じゃないから! とフェミニストたちに闘いの姿勢を伝えていく愛のあるフェミエッセーは、まるで国は違っても、未来の女の国の政権放送を聞いているかのよう。

​「私は自分のパイを取りに来たのであって、人類を救いに来たわけじゃない」が大きく話題になったキム・ジナさんの第二作です!

<お詫びと訂正>80ページに誤りがございました。『キャロライン・クリアド=ペネス』ではなく、正しくは『キャロライン・クリアド=ペレス』です。お詫びして訂正いたします。

私たち、女性の権利を

堂々と口にしよう!

韓国では「20代フェミニストが目指すロールモデル」に選ばれ、フェミニスト政党「女性の党」をつくり、2021年ソウル市長選にも出馬、4位の票を得たキム・ジナ。

作家で、コピーライター、ソウルで有名なフェミカフェ「ウルフカフェ」のオーナーのキム・ジナによる女性の政治参加をうながす熱い言葉が詰まった一冊です。

もう、本気で変えていきたいよね。そのためには、徹底的に、私たちは私たちの権利を主張していいんです!​ そんな気持ちを強められる一冊です。

jina-kim-0001388 (1).jpg
カラフルなパターン

aboutWriter

「私は自分のパイを求めるだけであって人類を救いにきたわけじゃない」のキム・ジナによる日本語第二作。