中絶が分かる本 出版記念イベント第一回


12月26日に行った「中絶がわかる本」出版記念イベントを公開いたしました。

12月22日に厚労省に中絶薬の承認申請が行われたことで、来年、日本で中絶薬が使われた中絶がはじまる可能性が現実的になってきました。 ただ、この件に対してさっそく日本産婦人科医会から懸念の声があがり、価格についても女性たちがアクセスしにくい高額な料金が設定されるべきであるというような発言がなされています。 「中絶がわかる本」は、安全な中絶を求める人々の切実な闘いの歴史が記録されています。声によってしか、世界は良い方向に変えられない。そのようなことを、フェミニストたちの運動をみていると実感します。 この本を手に取ってくださる多くの方々と、日本でも安全な中絶に女性たちが安心してアクセスできる道をひらいていくために、前進できたらと思います。 現在アマゾンではオンラインのみの発売になってしまっていますが、全国の書店で今週から店頭に並びます。ぜひ御購入下さい。 今年はアジュマブックスの誕生の年でした。アジュマブックスの本を手に取ってくださった皆様に感謝です。良いお年をお迎え下さい。 アジュマブックス代表 北原みのり